SES企業はスーツ着用が基本!?そんなSESを避ける方法【質問 #22】

 

イントロダクション

 

この記事は、当ブログの運営者の元に届いた質問を記事にしたものです。

 

■当ブログ運営者のプロフィール

2000年生まれ。東京都在住。

2018年3月に工業高校卒業後、駅係員として鉄道会社に入社。

1年後に退職し、2019年からRubyエンジニア。

現在は、フリーランス。

主にサーバーサイド開発をやっている。

少し前までは月単価49万円で仕事をしていた。

今は、知らん。

 

 

 

Q, 

なんかSESはスーツが基本みたいな情報があったんですけど、実際はどうなんですかね

 

 

 

A, 

https://rich-engineer.com/2019/02/16/suit/

この記事は参考になるかもしれません!

 

まとめると「スーツ着用必須のエンジニア採用な避けるべき」という答えになります。

 

そもそも「スーツを着ないといけない」ということは「お客さんに直接会う機会が頻繁にある」ということでもあり、「本来エンジニアがやるはずの開発に専念できる可能性が低い」と考えられるでしょう、、(笑)

 

 

 

 

Q2, 

なるほど!でも避ける方法なんてあるんですか?

 

 

A2, 

それは、、、面接前にメール等で私服OKか聞いておくことです!(笑)

 

今のところ、私の務めたところは4社とも私服OKだったので、スーツ必須の企業に当たる可能性は低いはずです。

あと、企業側も「ITエンジニアはスーツ必須を嫌う」ということを分かっているので、なるべく私服OKにしようと考えているはずです。

 

「逆にスーツ強制の会社は逆に落としてもらうのが正解なので、面接でスーツを着ることはオススメしません。これは会社訪問や説明会でも同様です。」上記の記事ではこういう結末、、(笑)

まあ、正しい考え方じゃないかな?

 

 

 

 

 

質問お待ちしております

 

プログラミング学習やITエンジニア転職について、人生相談でも構いません。

質問はTwitterのダイレクトメッセージからどうぞ

https://mobile.twitter.com/naNfg00